もち麦に血糖値を下げる効果

mochimugiもち麦という食べ物をご存知でしょうか?

もち麦とは、大麦の一種で、大麦の中でもプチプチでもっちりとした食感が特徴の食べ物。お米にもち米があるように大麦にももちの様な特性を持つ種類があるのだそうで、最近このもち麦がヘルシーフードとして注目されています。

大麦の成分にはビタミンやミネラルが豊富で他の食品に比べて食物繊維が圧倒的に多いことが知らていますが、特にもち麦にはβ‐グルカンと呼ばれる水溶性食物繊維が豊富に含まれており、β‐グルカンは、腸内で溶けてゼリー状になって食物を包み込んで、腸内の不要なものを体外に排出して消化・吸収を穏やかにしてくれます。その為、β‐グルカンの豊富なもち麦を摂取することで、血糖値の上昇を穏やかにしてくれる、血中コレステロールを下げる、糖質と脂質の吸収を抑えて内臓脂肪を減らすなど様々な働きが期待できるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です