野菜ジュースが血糖値上昇を抑える

カゴメ株式会社は、食前に野菜ジュースを飲むことによる食後血糖値の上昇抑制効果は、食前に野菜を食べる抑制効果と同等であることを、ヒト試験で明らかにしました。

血糖値の上昇を抑える為の食べ方として、野菜などの食物繊維が多く消化の遅いものから食べはじめ、肉、ご飯という順番で食べることで血糖値の急激な上昇を抑えることが出来ます。カゴメでは今回食前に野菜を食べた場合と、野菜ジュースを飲んだ場合の血糖値の上昇を比較し、両方とも同等の血糖値上昇抑制効果があることを検証しています。検証内容は以下の通りです。

■方法と結果
25歳以上50歳未満の健常成人男女24名に対して「白米摂取の10分前または30分前に野菜サラダ」、「白米摂取の10分前または30分前に野菜ジュース」、「白米摂取の30分前に水(コントロール)」を摂取していただき、食後血糖値の変化を調べました。
この結果、白米摂取前に野菜サラダまたは野菜ジュースを摂取すると、推移は異なるものの、共に食後血糖値の上昇を抑えられることがわかりました。また、 それぞれ10分前より30分前に摂取した方が血糖値の上昇を抑える効果が高く、白米摂取の30分前に野菜ジュースを飲んだ場合に、最も効果が高いと考えら れました。

d10752-62-332087-1

仕事をしていれば外食が多くなりがちですが、野菜が思うように取れない場合でも、事前に野菜ジュースを飲んでおけば血糖値の急上昇を抑制することが出来るのでいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です