血糖値下げる.comホーム

血糖値を下げる成分

血糖値を下げる成分とはどのようなものがあるのでしょうか。特定の食べ物や飲み物の中に含まれる血糖値を下げる成分を紹介します。

<血糖値を下げる成分一覧>

成分名 説 明 食品
ムチン オクラのぬめりに含まれる、ムチンやペクチンといった成分に糖の吸収を穏やかにする働きがあり、食後に急激に血糖値が上がるのを防ぐことが出来ます。 オクラ
ペクチン ペクチンには糖の吸収を穏やかにする働きがあります。 オクラ
イソアリイン イソアリインという成分は、インスリンの働きをよくする効果があります。玉ねぎなどに多く含まれています。 玉ねぎ
アルボランA・アルボランB

アルボランA、アルボランBいう成分にはインスリンの分泌を促進して血糖値を下げる効果があり、糖尿病の治療で投与されるインスリンよりも長く効果が続くといわれています。

ブロッコリーには、インスリンの働きを良くするクロムが多く含まれています。クロムは血糖値や血圧、コレステロール値を下げる働きがあります。またブロッコリーには生活習慣病全般に効果を発揮する「ファイトケミカル」という成分が野菜の中でも最も豊富に含まれており、高血糖(糖尿病)の改善、予防だけではなく、老化防止や健康のために良い野菜と言えます。

アロエ
クロム

クロムはインスリンの働きを良くする効果があり、血糖値や血圧、コレステロール値を下げる働きがあります。

ブロッコリー
βグルカン 腸内で溶けてゼリー状になって食物を包み込んで、腸内の不要なものを体外に排出して消化・吸収を穏やかにしてくれます。その為、β‐グルカンの豊富なもち 麦を摂取することで、血糖値の上昇を穏やかにしてくれる、血中コレステロールを下げる、糖質と脂質の吸収を抑えて内臓脂肪を減らすなど様々な働きがあります。 きのこ、もち麦
ヘスペリジン ヘスペリジンはポリフェノールの一種で、高血圧を予防・改善する効果があります。 レモン
カリウム カリウムには、血糖値を下げる効果や利尿作用、インスリンの作用を高める効果があるとされており、糖尿病二型の患者には、このカリウムが足りない人が多いとのことです。 たまねぎ、オクラ、バナナ、アボガド
アントシアニン アントシアニンには、インスリン抵抗性の問題を改善する効果があり、インスリン生産を最適化し、時間をかけて血糖レベルを下げる効果が期待できます。 さくらんぼ
オレイン酸 オレイン酸には血糖値を下げる働きをする「インスリン」の分泌を活発にさせる効果を持っています。 オリーブオイル
EPA EPAは小腸からGLP-1を分泌させる効果があり、GLP-1はインスリンを分泌させる働きで中性脂肪の吸収を抑えてくれます。 青魚
バナジウム バナジウムとはミネラルの一種で、糖尿病の方が利用するインスリンと同じ働きをする効果が見られており、体内で血糖値をコントロールして糖尿病を発症するのを防ぐ効果が見られています。一部の天然水などにバナジウムを多く含む天然水があります。 一部の天然水
ピニトール ピニトールは植物性インスリン様物質と呼ばれており、血糖値を下げる作用をもった植物由来の天然成分です。機能性野菜のアイスプラントなどに多く含まれています。 アイスプラント